SAP S/4HANA アドオン開発サービス(BTP)

「SAP BTP環境ってどう使えばいいの?」
から提案いたします

~実績に基づいた、BTPでのシステム設計、開発から活用・運用サポートまで~

SAP Cloud Platformの
認定資格者数国内3

(2022年1月31日時点)

SAP ERPのアドオン開発、これまではABAP中心の開発でしたが、RISE with SAP S/4HANA Cloudや、
SAP S/4HANA Cloud, extended editionの登場に伴い、Side by Side開発やBTP上でのアドオンアプリの開発を無視はできない状況になってきました。
これらの開発をできる国内のエンジニアは現時点では少なく、早めに準備をしておかないとプロジェクト開始時に、開発者が確保できないということになりかねません。パソナテックでは、他社に先駆けベトナムに開発体制を用意しました。

SAP ERPのアドオン開発

Side by Side拡張開発を上流から確実に対応

  • コンサルタント⽀援
    拡張開発の方針(Side by Sideまたは、In-App)の決定から、開発言語(ABAP, Fiori, SAPUI5など)で作成するアプリ・機能の設計を日本国内メンバーで実施可能
  • アドオン開発⽀援
    設計書は日本語で作成し、日本語の設計書の翻訳は弊社の専用ツールで翻訳します。弊社の専用ツールは翻訳者に依存しないドキュメント品質を確保し、ストレスのない言語フリーを実現することで、開発者の確保が困難な日本からリソース豊富な世界へ視野を広げることができます。パソナテックではプログラムの開発は、優秀なベトナムチームが対応します。
  • ベトナムSAPセンターの活⽤
    ホーチミンにテストセンター、ハノイに開発センターを準備、開発、テストの⾃動化開発を優秀なベトナム⼈エンジニアが担当、⼈材不⾜解消、コストの最適化を実現
  • テレワーク対応
    COVID-19の影響による、新しいプロジェクト実施スタイルにも柔軟に対応可能、完全リモートで、開発、テストを実施、ブリッジはベトナムにいる弊社の⽇本⼈が担当、コミュニケーションストレスなしの開発体制を実現

ラボ型開発チーム構築

Side by Side, In-Appどちらの拡張方針でも対応可能な専門チームをベトナムに構築が可能
S/4HANAの導⼊プロジェクトはもちろんのこと
現状のSAP ERPの保守運⽤/開発の対応も対応することが可能

ラボ型開発チーム構築
BTPの技術検証を継続して実施、⼤⼿SIベンダーとのPoCも実施、具体的な結果も確認
BTPの技術検証を継続して実施、⼤⼿SIベンダーとのPoCも実施、具体的な結果も確認

「今のうち」からできる
アドオンプログラムの修正

S/4HANAで業務を実施するにあたり、既存のアドオンプログラムを修正、
もしくは、Fioriのプログラムに移植するなどが考えられます。
今後の見積工数算出のためにいくつかのアドオンプログラムの修正を試してみませんか?
お客様にS/4HANA環境がなくても弊社環境で今から対応可能です。

ご希望のお客様は、問い合わせフォームよりご連絡ください。
5本からPoCとして対応いたします。

SAP FioriとBTPが理解できる基本ガイドブック