オフショア ラボ型開発事例3

オフショア ラボ型開発事例3

オフショア ラボ型開発事例3

SAP BTP拡張開発

コスト削減でなくリスク回避のためのオフショア活用

オフショア開発への理解

オフショア開発を冷静に見直してみましょう

最近では、オフショア開発という言葉自体は珍しくありません。開発リソース確保が困難な現状では中規模以上のプロジェクトでは、オフショア開発が必須ではないでしょうか?しかし、オフショア開発で成功した事例よりは失敗事例の方が多いイメージがあります。理由は2000年〜2008年ごろの失敗経験が足かせになっている方も多いことでしょう。

日本のプロジェクトの現場も変化しているように、オフショア開発の現場もどんどん変化しています。現在は、2022年です。約10年前の経験を現在に引きづるのは正しい考え方でしょうか。

本事例では、オフショア開発の成功事例を中心になぜ成功したのかを少しご紹介したいと思います。

 

オフショア開発成功のポイント

失敗しているプロジェクトは、この成功のポイントを無視し、失敗すべくして失敗していると弊社では考えています。オフショア開発成功のポイントは、次の5つになります。

    • 成功ポイント①

 なるべく同じような業務内容のプロジェクトを実施する

    • 成功ポイント②

 開発言語、アーキテクトを固定にする

    • 成功ポイント③

 小さい成功を積み上げていく

    • 成功ポイント④

 Face to Faceのコミュニケーションを重要視する

    • 成功ポイント⑤

 中長期的な活用を前提にする

 

言われてみれば当たり前と思われる成功ポイントかもしれませんが、実はできていないオフショア開発プロジェクトはたくさんあります。

そして、5つの成功ポイント以外に重要なポイントは、オフショア会社の経営者が言っていることと経営理念が、ユーザーの価値観と合っているということです。この部分の相性が悪いと、最後の肝心なところでの踏ん張りが効きません。

以降に事例をいくつか紹介していきます。上記の成功ポイントを参考にご覧ください。

 

SAPのBTPを活用した開発チームをベトナムに展開

プロダクト開発チームをベトナムラボ型チームまで展開し、リソース不足を解消

弊社では大手Sier様のプロダクト開発のプロジェクトの設計、開発を数多く担当しています。参画当初は、技術的は手探りな部分が多く、設計者も開発社も非常に苦労しました。

設計が進むにあたり、開発者が必要になってくるのですが、BTPを熟知した開発者は日本でも少なく、人材の確保は非常に難しい状況です。

そこで弊社はベトナムの開発センターのメンバーを活用し、BTP開発チームを立ち上げました。Web開発者+ABAP開発者のチームとなります。SAPの基本的な開発スキルがあるため、比較的にスムーズに進みました。しかし、だんだんとコアな開発に進むにつれて、課題も多く出てきました。

BTPの情報は日本語よりも英語の情報が多く、英語の情報をキャッチアップするスキルが必要になります。日本人よりも英語が得意なベトナム人エンジニアのチームという点は、BTP開発のメリットになりました。

今では、外せない開発チームに成長

現在となっては、ベトナムの開発チーム無くしては、SAP開発が進まないと状況になってきています。ベトナムであれば今後のエンジニア増員の確保もできるので、リソース不足の不安も解消されます。

適合した成功ポイント・・・②、③、⑤

 

BTPを有効活用した自社プロダクト開発で自社サービスと連携

BTPでの開発経験者の確保が課題

今後のSAP S/4HANAの導入におけるアドオン開発においては、Side by Sideの開発スタイルが主流になると言われています。「まだABAPだろう?」という声もあります。しかし、RISE With SAPの導入が進むと、BTPの拡張開発のニーズが増えることは間違いありません。ERPだけではなく、その他のプロダクトでも共通の開発手法になってくると思われます。

BTP開発のアーキテクトを理解し、要件定義、設計、開発できる人は、非常に少なく、いざ体制を組む際のボトルネックなってきます。とはいえ、まだまだ実際のプロジェクトは少なく、ノウハウをためることができないという現状もあります。

BTPのナレッジを自社社員に蓄積

我々は、BTP上で動く自社プロダクトの構築を実施することで、BTPのスキル習得の課題を解決できました。アーキテクト、要件定義、設計は日本側で担当し、開発はベトナムの開発センターと役割分担を決めました。この結果、効率的に自社内にノウハウを蓄積することができました。

今後はこのノウハウを展開すれば、リソース不足をタイムリーに解消することが可能になります。合わせて、適正なコストでBTP開発が提供できる体制も、弊社の強みとなります。

適合した成功ポイント・・・②、③、⑤

 

SAP S/4HANAでの適合性

SAP S/4HANAにおいては適合性が高いと想定

SAP S/4HANAのアドオン開発における適合性を改めて整理しましょう。少なくとも①、②、⑤に関しては、適合性があると考えています。

    • 成功ポイント①

 なるべく同じような業務内容のプロジェクトを実施する

 →ロジ系に絞る、会計系に絞る手法

    • 成功ポイント②

 開発言語、アーキテクトを固定にする

 →ABAP, BTP(Fiori, UI5など)が適合

    • 成功ポイント③

 小さい成功を積み上げていく

    • 成功ポイント④

 Face to Faceのコミュニケーションを重要視する

    • 成功ポイント⑤

 中長期的な活用を前提にする

  →導入して終わりではないので、継続活用できる

 

ポイント③、④に関しては、実施する際に弊社がコンサルティングし、ご提案いたします。

 

開発体制はBAを最大限に活用

開発体制のキーポジションには日本人BAや、ベトナムBAを配置

ERPの開発はモバイルの開発とは異なり、周辺機能への考慮など、注意しなければならない点が数多くあります。

このような詳細設計書からは読み取れない行間を伝えるために、BAは必須です。エンジニアを効果的なポジションに配置することで、品質向上を測っていきます。

 

自社専用のラボチームを構築 ノウハウを築成させる

ラボ型の体制はメンバーを固定することが可能、結果自社ノウハウを蓄積

メンバーを固定することで、自社のノウハウをラボチームに蓄積できます。チームでノウハウを蓄積するので、中長期的には工数の削減が可能になります。またメンバーの離職率低下の影響も最小限にすることが可能です。

 

開発リソース不足を解消

開発リソースの確保で悩む必要がなくなります。数十人月のリソース確保と合わせ、コストの削減も可能になります。


意思決定を早期に実施し、ラボチームを作成することで、
将来のリソース不足のリスクを大幅に削減できます!

オフショア ラボ型開発事例集