SAPマイグレーション事例 国内・グローバルで一挙にご紹介

SAPマイグレーションには貴社の方針に基づき、いくつかの種類があります、既存の資産をマイグレーション後も継続して使いたい会社様がいます。また新たなIT社会の進化に対応すべく、既存の資産を捨て去って、DXに対応出来る新機能を新規導入したい会社様もあります。そしてその両方を実現したい欲張りなお客様もいます。マイグレーションの種類とJSUG等のSAP事例をもとに、トピックスをピックアップしていきたいと思います。

SAPマイグレーションSAP S/4HANA移行アプローチの種類

SAP S/4HANA移行アプローチ種類は下記3種類が主です。

1)システムコンバージョン(テクカルコンバージョン、ブラウンフィールドとも呼ばれます)

システムコンバ―ジョンアプローチはツールによりシステム移行をおこない、SAP ECC 6.x システムを SAP S/4HANA に変換し、既存ECC環境上にある全てのシステム設定、カスタマイズ、業務データ等の資産はそのまま新環境へ移行されます。

ユーザーは、長年使用してきたものと同じGUIインターフェースを使用することも、Fioriを採用することを選択することもできます。これにより、技術的な変換を迅速に行うことができ、イノベーションを段階的に実装できます。

2)ニューインプリメンテーション(リビルド、グリーンフィールドとも呼ばれます)

ニューインプリメンテーションアプローチは、SAP S/4HANA を活用して、標準機能と業界のベストプラクティスによる標準化で現行のプロセスを簡素化、再構築されるお客様に最適です。

実装の時間とコストは、他のアプローチよりも高くなります。「これは、現行システムでうまく機能していたプロセスを再設計する等、一から実装する必要があるためです。」

SAP S/4HANA を新規導入し、ご利用されている従来型 ERP からデータを移行します。

3)セレクティブデータトランジション(会社によってはブルーフィールドとも呼ばれます)

セレクティブデータトランジションアプローチは、グリーンフィールドとブラウンフィールドのSAP S/4HANA実装の要素を組み合わせたもので両者の良いとこ取りと言えるアプローチです。

このアプローチは、グリーンフィールドアプローチまたはブラウンフィールドアプローチの代替手段です。

これは、既存のSAPERPソリューションからSAP S/4HANAオンプレミスまたはSAP S/4HANAクラウド、プライベートエディションに移行するお客様に対するソリューションです。

このアプローチには、1つ以上の既存のERPソリューションから新しいS/4HANAソリューションへのデータ転送が含まれます。転送は、SAPまたは専用のツールとサービスを提供する「SAP S/4HANA Selective Data Transition Engagementパートナー」によって行われます。選択的に転送されるデータには、次のものが含まれます。

  • オブジェクトと開発のABAPリポジトリ
  • 構成(カスタマイズ)データ
  • マスターデータ

SAPマイグレーション事例① JSUG会員国内14社

JSUGとはJapan SAP Users Groupの略で、ジェイサグと呼ばれています。正式名はジャパンSAPユーザーグループになります(以下、JSUG)。そのJSUGが発行する「事例から学ぶ SAP S/4HANA導入がもたらす企業のビジネス変革」で発表している国内企業14社のマイグレーション事例では、グリーンフィールド10社、ブラウンフィールド4社でした。

会社毎のトピックスです。

1.伊藤忠商事株式会社    

国内はブラウンフィールド、4年半

ポイント

  • 国内は、既存のシステムリソースを最大活用しながら、リアルタイム経営や新しいビジネスへの対応などを目的として、Brownfield でSAP S/4HANA へ移行。
  • 新しいビジネスの創出には、現場でのデータ活用や分析が不可避との認識から、導入と同時に統合BI ツールを開発した。
  • 海外は、システムの標準化・クラウド化を目指し、プライベート版SAP S/4HANA CloudにGreenfield で移行。

2.NTTアドバンステクノロジ株式会社  

グリーンフィールド、6ヶ月

ポイント

  • SAP ERP6.0の保守期限への対応、アドオン依存からの脱却、オンプレ維持管理からの開放、6 ヵ月間での短期導入などを念頭に、マルチテナント型のSAP S/4HANA Cloudを採用。
  • 途中で予期せぬ問題・課題も発生したが、「とにかく6 ヵ月で導入する」と最初に決定したことが、様々な良い効果をもたらした。
  • どうしても解決できない要件(デルタ要件)が多発したが、SAP Business TechnologyPlatformとRPAツールであるWinActorを活用して対応。特にWinActor がシステム間連携やデータ移行などで大活躍した。

3.第一稀元素化学工業株式会社

海外子会社先行グリーンフィールド SAPS/4HANA Cloud

ポイント

  • SAP ERP6.0 の継続使用を予定していたものの、最新情報を収集する中で、経営計画に貢献できるシステムとしては、SAP S/4HANAシリーズの導入が最適であるという結論になった。
  • 海外拠点からの導入となったことで、日本本社でも多様な機能を導入前に体感でき、経営層やユーザーの関心が高まった。
  • SAP S/4HANA Cloud のシナリオベースの導入方法論により、SAP の標準機能を余さず使う形が取れた。

4.大和ハウス工業株式会社

海外子会社先行グリーンフィールド、グローバルテンプレート 展開 3ヶ月、SAP S/4HANA Cloud

ポイント

  • 導入の検討時、SAP S/4HANA Cloud の導入事例が少なく、試行錯誤の連続だったが、「導入を実現するにはどうすればいいか」「どのように活用すれば、業務を回すことができるか」を力強く意識して導入を進めていった。
  • 3 ヵ月弱での短期導入を実現するために、現場のメンバーの納得感を得ることと、海外拠点の負担を減らすことに非常に気を配った。
  • 導入中の自動的なバージョンアップに最初は振り回されたが、対応手順を策定することで、現在は最新機能を享受できるようになった。

具体的には、バージョンアップに対してチェックポイントリストを使い、2 週間の間に変更点を把握し、以下の3 段階で計画的に対応・実施している。

  1. ツールを実行して既存運用への影響有無を検証する。
  2. 障害や課題としていた内容が解決されているかどうかを確認する。該当するものがある場合は、検証等に進む
  3. 新規で実装された機能やソリューションを確認し、必要に応じて検証を行う。

5.テクノホライゾン株式会社

グリーンフィールド、SAP S/4HANA(オンプレミス)

ポイント

  • 経営陣に「子会社の状況を同じレベル、仕組みで把握できるようにする」という方針があり、検討開始から短期間でSAP S/4HANA(オンプレミス)への移行を決定。
  • コンサルやベンダーに頼らずに、自社だけで短期・小人数での導入を実現。
  • 現場のコンセンサスを得るのに最初は苦労したが、経営陣の方針が大きな後ろ盾となり、現場とのコミュニケーションが円滑になった。

6.テルモ株式会社

グリーンフィールド 

ポイント

  • テルモの「医療を通じて社会に貢献する」という理念をグローバルに実現するため、経営課題に貢献する戦略を策定した上で、IT 基盤導入の検討に入った。
  • 導入当時、SAP S/4HANA の経験者が国内にいなかったが、海外の技術者やドイツのSAP 本社と積極的にコミュニケーションを図り、問題を解決していった。
  • 過去2 回のプロジェクト失敗によって関係者の当事者意識が低かったが、細密な情報収集と分析を重ね、マインドを変える取り組みに挑んだ

7.東京化成工業株式会社

グリーンフィールド、SAP S/4HANA Enterprise Cloud

ポイント

  • BPRとSAP を最大限に活用するために、100 ほどあった外郭システムを大幅に削減し、既存のインターフェースやアドオンをほとんど使用しない構成を実現。
  • お客様の利便性を最大限に向上させるため、SAP S/4HANA on SAP HANA Cloud の採用とともに、SAP Commerce Cloud、SAP Marketing Cloud を導入。
  • 業務部門のメンバーが業務プロセスの検討や判断に積極的に関わり、現場の声をプロジェクトに反映する取り組みを行った。

8.トラスコ中山株式会社

ブラウンフィールド1年半、SAP S/4HANA(オンプレミス)

ポイント

  • モノづくり現場のお客様サービスの向上と、サプライチェーン全体の利便性を高める仕組み作りを目的としたDX プロジェクト。
  • 自社の強みや価値を活かすデジタル基盤として、SAP S/4HANA を含む仕組みを導入。
  • 自動化を主としたシステム改善だけでなく、チェンジマネジメントを通じて、社員のマインドと行動の変化を促し、新しいやり方や機能の浸透を図った。

9.株式会社ニチレイ

グリーンフィールド2年強、プライベートクラウド

ポイント

  • SAP S/4HANA の導入に際し、低コスト構造および周辺システムとの連携を重視し、プライベートクラウド上で運用することを決定する。
  • 標準機能の利用可能性を模索しつつ、ユーザーとの議論や要件の確認を綿密に行い、どうしても必要な要件については、既存のアドオンを活用する方針にした。

     PANAYAを使って非互換チェックを行い影響の無いアドオンを再利用

  • SAP S/4HANAで世界初となる不定貫機能を採用した。

10.日本ビジネスシステムズ株式会社

ブラウンフィールド約6 ヵ月、SAP HEC

ポイント

  • BPRとSAP S/4HANA 化を同時に進めることを検討したが、時間とコストを勘案し、最初にSAP S/4HANA 化、次にBPR を進めるほうが合理的だと判断した。
  • 過剰投資だと言われたSAP HEC だったが、長期的な比較計算をしたところ、コストメリットが大きかったため、採用を決定した。
  • Brownfield で発生する影響範囲の特定が意外と大変だった。

11.株式会社日立ハイテク

グリーンフィールド約3年

ポイント

  • 最初に業務プロセスのFit to Standard、その後にSAP S/4HANA のFit to Standard を実施するという2 段階のFit to Standard でDX プロジェクトを進めた。
  • 組織の壁を越えたBPR を目指して、現状(As-Is)分析からではなく、あるべき姿(To-Be)の策定からスタートした。
  • 今までの社内文化を変えるために、現場の“ 腹落ち感” を大切にし、時間をかけて理解を得られるような取り組みを行った。

12.本多通信工株式会社

グリーンフィールド10ヶ月、Hi-KORT(業務テンプレート)を活用

ポイント

  • 基幹システムの刷新を予定していたが、SAP S/4HANA は対象外であった。しかし、パートナーから構築コスト・運用コストが予算内に収まる提案を受け、導入を決定。
  • BPR で業務プロセスが定まらずに遅延するが、社長がプロジェクトの強力な推進力となることで社員が納得・奮起し、プロジェクトが進展した。
  • BPR の実施とともに導入した周辺システムによって、郵送やFA X 送信などが激減してEDI 化が進み、残業時間削減に貢献した。

13.三菱ケミカルシステム株式会社

ブラウンフィールド約1年

ポイント

  • SAP ERP からSAP S/4HANA になって、品目コードの桁数やBP マスタの変換、アドオンの見直しなどに当初は苦労したが、自社で工夫をして対応した。
  • 初めてのSAP S/4HANA 導入プロジェクトだったが、アセスメントとリハーサルを入念に行い、試行錯誤したことで様々な技術やノウハウを得られた。
  • ダウンタイムに作業が収まらない恐れがあったが、最新ツールの使用や作業手順の組み換え、3 回のリハーサルなどを実施し、約40 時間も早くカットオーバーした。

14.株式会社村田製作所

グリーンフィールド本社は約2年、国内展開では、テンプレート をベースに1年間で国内25 社

ポイント

  • 様々なERP を検討した結果、グローバルデータの一元管理、標準機能の充実、運用・管理までの一貫したサービスなどが決め手となり、SAP S/4HANA に決定した。
  • 導入前にBPR についての様々な取り組みを実施したことで、導入プロジェクトに向けた改善点が多数抽出され、社内で共有された。
  • ユーザー受入テスト(以下、UAT)は本社だけではなく、国内関係会社のメンバーも参画することで様々なテストを実施できたほか、メンバーの習熟度のアップ、工数確保の効果もあった。

参照元URL  https://www.jsug.org/book

SAPマイグレーション すべての選択肢 大全集

SAPマイグレーション事例② グローバル100社集計

JSUGサポーターのアビームコンサルティング株式会社資料によりますと、下記テンプレート・ソリューションを基に2020 年12月末時点で100 社にこれらのサービスを提供しているという事です。

このマイグレーション方法の内訳を見る、

1位の72.72%がグリーンフィールドでそのうち22.22%はテンプレート利用型の様です。

2位の26.26%がブラウンフィールドとなっています。

残り2.2%がセレクティブデータトランジション等のアプローチだと思われます。

2017年初頭には製造業向けのS A P S /4H A NAテンプレート“ABeam Cloud®Global Sales & Manufacturing Template”を、また2018 年のバレンタインデーには、SAP S/4HANAバージョンアップを推進するため、工場を模したコンセプトとした“ABeam Cloud®Conversion Express Factory forSAP S/4HANA®”をいち早くリリースしました。その結果、2020 年12月末時点で100 社にこれらのサービスを活用いただいております。

ピックアップすべきは、下記第3の移行方式が「ハイブリッドシェルコンバージョン」であり、SAP社でいうところの「セレクティブデータトランジション」と言う事です。

(会社によっては「ブルーフィールド」や「コピー&トランスフォーム」等と呼ばれています。)

GreenfieldかBrownfieldか

最後になりますが、様々な企業から移行の方式はGreenfield(新規構築・再構築)とBrownfield(テクニカルアップグレード/ 既存環境の移行)のどちらが良いかというお問い合わせをよくいただきますので、ここで弊社の考え方をお伝えします。

SAP ERP 導入後、ビジネス環境が大きく変わり、主要機能をフロント・周辺に移してSAP ERPをデータベースとして使用されている企業には、総合的に業務を見直すGreenfieldを推奨します。そうでない場合は、基本的にはBrownfieldを推奨します。その上で、既存の機能・データを活かすBrownfieldは、それ自体が足かせとなって中規模の修正が行いにくいという悩みをお持ちの企業には、図4で示す第3 の移行方式を弊社としては推奨しています。

実際に、利益センタの体系を抜本的に見直したい、購買領域プロセス全体を見直したい、でもそれ以外のところは活かしたいといった声などに応えていくことが可能です。

本移行方式を採用した場合、ダウンタイムを最小化した上、中規模の改修が可能になるだけでなく、SAP 社が提供する選択データ移行を組み合わせることで過去データを継承していくことも実現可能です。

100 社の企業をご支援する中で、企業が直面する課題がかつてないほど複雑化していると感じます。プロダクトアウト的な単なるSAP S/4HANAへの移行は、意味がありません。今こそSAP S/4HANAへの移行を、デジタルによるBPRのみならず、ビジネスドメインの変化や、他企業との共創も視野に入れた将

来の経営基盤とするべく、アビームコンサルティングは支援いたします。

図:3 つの移行方式

参照元URL  https://www.jsug.org/book

まとめ

S/4HANAのマイグレーション方法ですが、グローバルでは新規導入(グリーンフィールド)が多いようですが、日本国内ではテクニカルコンバージョン(ブラウンフィールド)が多くなっているようです。お客様の多様なニーズに最適なプランを見つける一助になれば幸いです。

パソナテックではSAP S4/HANAマイグレーションを検討する際に欠かせない、考慮すべきポイントをまとめた入門資料「SAP S4/HANAマイグレーションで知っておくべきこと、やっておくべきこと、とは?」をご用意しました。本資料は、SAP S4/HANAマイグレーションへ進む方へ必見の資料です。ぜひダウンロードいただき、ご覧ください。

※本記事は2021年12月29日の情報を基に作成しています。SAPマイグレーションに関する詳しいお問い合わせは、各サイトにお問い合わせください。

SAP S/4HANA 導入支援サービス 基本ガイドブック

SAP FioriとBTPが理解できる基本ガイドブック