RISE with SAPで企業の競争力を強化できるの?導入のメリットとデメリットを解説

企業の競争力強化のためにRISE with SAPを導入する企業が増えているといいます。SAP社もRISE with SAPを導入する最大の価値はここにあると強調していますが、本当にそのような効果があるのでしょうか?デメリットはないのでしょうか?本記事ではSAP社があげるRISE with SAPの4つのポイントについて内容を掘り下げながら、導入のメリットとデメリットについて解説していきます。

RISE with SAP 4つのポイントとは

Rise with SAPはSAP社が提供するクラウドサービスです。SAPジャパンのホームページを検索すると、RISE with SAPについて次の4つのポイントがあげられています。

  • あらゆるビジネスニーズに対応するクラウド ERP
  • 業界の次なるプラクティスと拡張性
  • アナリティクスとビジネスプロセスインテリジェンス
  • SAP およびパートナーによる成果主導型サービス

この文章だけではピンとこないというのが第一印象でした。しかし、詳しく調べていくとRise with SAPがどういうサービスでどんな価値を提供してくれるのか見えてきました。次に4つのポイントそれぞれについて解説していきます。

RISE with SAP 4つのポイントとメリットデメリットを解説

では、RISE with SAPの4つのポイントについて具体的に見ていきましょう。

  • あらゆるビジネスニーズに対応するクラウド ERP

ポイントの1つ目は、SAP S/4HANA Cloudについてです。ERPアプリケーションであるSAP S/4HANA Cloud がRISE with SAPの心臓部であることはいうまでもありませんが、それがクラウド上で動作することをアピールしています。

クラウド上にERPシステムを構築し運用することで、初期導入費用を削減できる点は大きなメリットです。また、ライセンス・保守費用も毎月必要な分だけ計上することができ、面倒なシステム保守作業からも完全に開放されます。RISE with SAPの導入によりシステム運用費のスリム化とリソースの最適化が可能となります。

  • 業界の次なるプラクティスと拡張性

ポイントの2つ目は、SAP S/4HANA Cloudに含まれるERPの標準モジュールについてです。経理・財務、調達・購買、製造業、サプライチェーン、セールス、サービス、研究開発、設備資産管理(EAM)といった業務別に用意された標準モジュールはすべて会計機能と統合済みです。ユーザーのビジネスニーズに合わせて簡単に業務範囲を拡張できるという点をアピールしています。

従来から、標準モジュールを利用することでERPシステムの開発コストを抑えられるという点がERPパッケージを導入するメリットと考えられていました。ところがクラウド化によって標準モジュールの存在意義は大きく変わっています。

以前は標準モジュールをテンプレートとしてカスタマイズをするのが基本的な構築方法でした。しかしRISE with SAPを導入するうえでは、Fit to Standard(標準モジュールに含まれる業務プロセスはカスタマイズすることなくそのまま利用すること)が基本です。なぜなら、標準モジュールもアップデートする想定でシステムが提供されているからです。

クリーンコア(標準モジュールをカスタイズしない状態)を保つことが、システム保守の一括管理を可能とするための絶対条件なのです。この点は、標準モジュールを大幅にカスタマイズして構築した現行システムをお持ちで、移行を検討しているユーザーにとっては大きなデメリットかもしれません。

  • アナリティクスとビジネスプロセスインテリジェンス

ポイントの3つ目は、ビジネスプロセスを変革するために提供されているSAP Process InsightsとSAP Signavioについてです。継続的な業務改革を実現する包括的なソリューションであるとアピールしています。このソリューションを利用すれば、業務データを取り込むだけで、プロセスフローをドキュメント化ができます。よって、すぐに改善活動に着手することができます。

さらにビジネス課題の抽出、プロセス改善案のシミュレーション、プロセスライフサイクル管理の機能まで備わっているので、業務プロセスの改善案の立案、検討、承認、公開まで滞りなく実施することができます。また業務データの取り込みを自動化すれば、常に最新の評価結果を取得することができます。社会環境の変化によるパフォーマンス低下を見逃すことなく、継続的に業務改善のサイクルを回し続けることが可能です。

業務プロセスを適切に管理して、プロセス変更にすぐに対応できるような環境を整えることが、競争力強化につながります。業務改革の方針を決めて実行に移していくためには、現状の業務プロセスを正確に把握することが第一歩となります。プロセスフロー図などのドキュメントを常に最新化できているというユーザーは少数派なのではないでしょうか。SAP Process Insights はECCの業務データも取り込むことができるので、移行計画時のプロセス分析にも活用できます。この点だけでも十分なメリットといえるでしょう。

  • SAP およびパートナーによる成果主導型サービス

ポイントの4つ目は、SAP社とパートナー企業についてです。SAP社にはユーザー企業の成長をパートナー企業とともに支えてきた実績がある、という点をアピールしています。確かにSAP社には、ドイツでインダストリー4.0に取り組んで大きな成果を上げてきた実績があり、その成果をもとにRISE with SAPが築き上げられているということは納得ができます。

だからこそ分析ツールの評価指標は、信頼性が高く改善効果が期待できます。SAP社は、企業の成長力を高めるためには、経営拡大、利益向上、サステナビリティの取り組みをバランスよく推し進めることが肝心と言っています。そのサイクルを支えるためのデジタル基盤としてRISE with SAPをこれからも進化させていきたいとしています。

単に情報をクラウド上に移動させただけではデジタル基盤とは呼べません。ソリューションを活用し、組織横断での業務改革を柔軟に行えるよう、ビジネスプロセスをデジタル化することが必要です。SAP社が提唱するインテリジェントエンタープライズとは、RISE with SAPを使い倒す企業という意味にもとらえることができます。ソリューション活用のワークショップも用意されているので、安心して導入できます。

SAPマイグレーション すべての選択肢 大全集

RISE with SAP導入のメリットとデメリットを整理

4つのポイントにフォーカスしてRISE with SAPを詳しく調べていくことで、導入のメリットとデメリットが浮かんできました。あらためて確認してみます。

【メリット】

  • クラウドサービスで、旧来型のERPシステムと比べて導入コストや運用維持コストを大幅に削減できる
  • 業務プロセス変更を容易にするためのソリューションが用意されていて、移行時のプロセス分析にも利用できる
  • 世界的な運用実績があり、分析ツールの評価指標への信頼性が高い
  • ビジネス環境の変化に対応してサービスの拡充と進化が見込まれ、今後長きにわたって企業運営を支えるデジタル基盤となるための要件が揃っている

【デメリット】

  • Fit to Standardが基本であり、標準モジュールを大幅にカスタマイズして構築した現行システムからの移行はかなりハードルが高い

まとめ

SAP社があげる4つのポイントに沿って、RISE with SAPを導入するメリットとデメリットについて解説しました。RISE with SAPの導入で企業の競争力強化を期待できる理由について、ご理解いただけたでしょうか。

本記事を書き進めるうちに、「RISE with SAP」という名前に「ユーザー企業の成長を支えながらSAP社自身も一緒に成長していきたい」という思いが込められている、と感じるようになりました。RISE with SAP導入は、単なるERPシステムのクラウド化ではなく、デジタル基盤を構築して企業の競争力を強化する手段です。そして組織横断で企業一丸となって取り組むべきプロジェクトです。多くの企業の成長戦略の一助となれば幸いです。

パソナテックではSAP S4/HANAマイグレーションを検討する際に欠かせない、考慮すべきポイントをまとめた入門資料「SAP S4/HANAマイグレーションで知っておくべきこと、やっておくべきこと、とは?」をご用意しました。本資料は、SAP S4/HANAマイグレーションへ進む方へ必見の資料です。ぜひダウンロードいただき、ご覧ください。

SAP S/4HANA 導入支援サービス 基本ガイドブック
SAPマイグレーション すべての選択肢 大全集